イラスト:岩井友子

〜物語を紡ぐ〜

「人生とは、自分の物語をつくること」…故・河合隼雄さんの言葉です。
一人ひとりの小さな物語があって、限られた命が繋がって、
様々な時代を経て、現代(いま)の私たちがいます。

日本は海に囲まれ、太陽が燦々と輝き、四季折々に山が実り、
清らかな川が流れています。
北海道では一年の半分を雪に閉ざされ、
沖縄ではほぼ同じ時間、太陽が照りつけます。
真ん中の本州も東北と九州、関西と関東、太平洋側と日本海側など、
それぞれの風土にあった様々な暮らしがあります。

日本人は、人の力の及ばない自然の力を神様になぞらえて神話とし、
また、人々の生活の物語は民話・昔話となって、人から人へ、
時代を超えて語り継いできました。
森は切り開かれ、海は埋め立てられても、昔と変わらない風を感じ、
古の人々と同じ雲や月や太陽の光を眺めながら、
日本人が大切にしてきた風景や物語を次の時代へつなげていく。

私たちは、そうした思いで「ちんじゅの森」の活動を行っています。

What's New 新着情報
今年も、中秋の名月に赤坂日枝神社の特設舞台、一夜限りの天空の神殿で「古夜」を開催します。
演目は「諏訪明神」、国譲りのお話です。
チケットは、メールまたはお電話にて受け付けております。
250席限定です。お申し込みはお早めに!!
>>「古夜ー 諏訪明神 ー」の詳細はこちらからご覧になれます。
古夜 ー 諏訪明神 ー
2018年 9月25日(火)「古夜 〜諏訪明神〜」にご来場される皆様へ

明日、天気予報では降水確率が80%となっております。
大変残念ではございますが、今年はゲリラ豪雨も多発しておりますので、
皆様の安全を考え、拝殿内での公演とさせていただきます。

日枝神社は18時にいったん閉門し、古夜は18:30開場となります。
その間、外でお待ちいただくこと、ご了承ください。
チケットをご予約の上、当日お受け取りいただく方は17:00に受付を開始いたします。

どうぞ、お気をつけてお越しください。

出演者・スタッフ一同、会場で皆様にお会いできますこと、楽しみにしております。

※「古夜 諏訪明神」は、すでに完売となっており、当日券はございません。

日時
2018年 9月25日(火)18:30開場 19:00開演
*雨天決行(神社内にて行います)
会場
赤坂・山王日枝神社 特設舞台
(東京メトロ・千代田線「国会議事堂前駅」5番出口より徒歩5分、
銀座線/南北線「溜池山王駅」7番出口より徒歩3分)
入場料
(税込)
一般(前売り):4,800円
一般(当日):5,000円
ちんじゅの森会員:4,300円
高校生以下(前売り・当日):2,800円
【全席自由:250席限定】
[主 催]NPO法人ちんじゅの森
[協 力]日枝神社
[制 作]古夜制作委員会
《 チケット一般発売日 》
2018年 7月23日(月)AM10:00
お申し込みはメールまたはお電話にてお願いします。
メール:otoiawase@chinju-no-mori.or.jp
電話:080-1244-5635
NAKAO日記は、今後「ちんじゅの森日記」としてfacebookへ移行いたします。ご了承ください。
「民話語り ちんじゅの森の物語」は、コンテンツを工事中です。今しばらくお待ちください。