風土まるごとロゴ 山の暮らしと赤かぶ白べース.png

新潟県の最北、山形県との県境に位置する村上市山北(さんぽく)地区。

深くかかわり合って暮らしが営まれてきたこの地域では

面積のほとんどが山林で、林業と農業が

古くから「赤かぶ」が栽培され、伝統野菜として親しまれてきました。 

昔ながらの農法にこだわり、赤かぶを栽培して、

ここには、現在も、山を焼いて畑にし、

素敵なご夫妻がいらっしゃいます! 

赤かぶ漬けを生産していらっしゃる

赤かぶ生産者『こだわり工房えん』

     板垣喜美男さん、京子さんご夫妻

mail配信用2.JPG
mail配信用0.JPG

今回は、「山焼きの赤かぶ」を育てる板垣さんご夫妻をお迎えし、

空間を超えて山北地区とオンラインでつながり、映像やお話を通して、

山の暮らしと文化の魅力をお伝えします。

山北地区よりお手元にお届けする収穫したての赤かぶでお漬物を作っていただきます! 

 山が多く、国土の7割以上が森林の日本。赤かぶから、山の暮らしを近くに感じてみませんか? 

たくさんの皆さまのご参加をお待ちしております!! 

【日にち】 2021年11月27日(土) 

Ⅱ. 赤かぶ漬け作り・質問タイム  

【参加費】

【時 間】 14:00~16:00 

ちんじゅの森会員 2,000円/1人 

一 般      2,500円/1人 

学 生      1,000円/1人 

(玉ねぎのLサイズ5個程度)

オンライン:Zoom

映像やお話をご覧いただき、

作っていただけます。 

※ 会場定員は8名です。 

どちらかお選びいただけます。

【内 容】

講座前日までにお届けいたします。

※ 参加費には、赤かぶ 500グラム

【形 態】

Ⅰ. 山北地区の暮らし・山焼き・赤かぶ、その魅力 

赤かぶ漬け1パック、送料が含まれています。

会場参加、オンライン参加、

会 場:ちんじゅの森サロン「ほぐほぐ」

(文京区目白台1-22-2)

オンタイムでのご参加が難しい方も、アーカイブで

おいしい赤かぶ漬けを

手しごと講座 〜山の暮らしと赤かぶ〜 は終了しました。

板垣ご夫妻、植田さん、ご参加いただいた皆様、

ありがとうございました。​

 電 話 :03-6877-0425

​メール:hoguhogu@chinju-no-mori.or.jp

村上地域グリーン・ツーリズム協議会 

[コーディネーター] 植田  徹さん(里山体験研究所) 

[主催/共催] NPO法人ちんじゅの森 /